話題のダイエット

【3日で-3kg減量】メディアで話題の“断食ダイエット”を試してみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
断食ダイエット

「数日間何も食べないだけでいいの?私でも出来る!」

特別な道具や食材が不要なためすぐに始められる断食ダイエットですが、実はダイエットの難関は、食欲です。

食生活を変えるには決意と忍耐力が必要です。食べたい気持ちを無理に抑えようとすることで多大なストレスが溜まり、多くの人が挫折してしまいます。

では、どうすれば食欲に勝つことができるのでしょうか?

今回は、今話題の断食ダイエットに挑戦してわかった“正しいやり方”と“成功のコツ”を紹介します。

今話題の“断食ダイエット”とは!?

断食とは

断食とは「ファスティング」や「本断食」とも呼ばれ、3日以上何も食べない状態のことです。

最近では、半日断食や1日だけのプチ断食、土日のどちらかに行う週末断食などが流行しています。

ダイエットのイメージが強い断食ですが、体内から毒素を抜くデトックス効果が期待されており、肌の調子を整えたり便秘を解消したり、美容面にもメリットがあります。

 

体の中の老廃物や有害物質を体外に排出するデトックス効果があります。糖尿病などの生活習慣病も、食生活が改善されると、病気自体も改善されていきますので、プチ断食はダイエットだけでなく、身体機能、病気予防改善にも効果が期待できる方法です。

出典:ながた内科

さらに、西洋医学の分野では、病気の治療方法として断食が注目されています。

アメリカやロシアではガンの副作用の抑制、リウマチへの治療法としての断食の研究が進められており、医療先進国ドイツでは「断食で治らない病気は医者も治せない」ということわざもあるほど。

出典:IN YOU

太りやすい私が3日間断食ダイエットに挑戦してみた結果

断食ダイエットの結果

ダイエッターの基本情報

  • 性別:女性
  • 年齢:30歳
  • 身長:160cm
  • 体型:普通
  • 職業:営業職
  • 普段の運動:歩く機会が多い / 月に数回キックボクシングジムに通う
  • 普段の食生活:朝食抜き / 昼食は不規則 / 夜食は休日以外24時頃

挑戦した断食ダイエット方法と結果

  • 期間:6日間(断食3日間 + 回復食3日間)
  • 方法:最初の3日間は水分補給のみ、その後の回復期1~3日間は重湯や具がないスープを食べる
  • 結果:3kg減量

 

※重湯とは、お粥の上澄みだけをすくったもの。

断食ダイエット時に注意すべきこと

断食中は脱水にならないように、水分を十分摂取することが大切です。

「水分だから大丈夫」と油断しがちですが、糖分が多い飲料水は極力避けてください。水、緑茶、紅茶、野菜ジュースなど砂糖不使用のものにしましょう。

また、ネット通販で購入できる酵素ドリンクのなかにも、砂糖の甘みを強く感じるものがあります。酵素の種類だけではなく、他の成分まで確認することをおすすめします。

 

断食終了後は、胃が軽い飢餓状態にあります。とくに回復期1日目は、飢餓状態から急激に固形物を入れると胃に大きな負担がかかります。

暴飲暴食を避け、重湯や具がないスープなど消化しやすい軽食を心がけましょう。

必ず成功するわけではない?断食ダイエットの落とし穴

断食ダイエットの注意点

食欲の抑制は想像以上に大変!

食欲や睡眠欲など、最も本能的な生理的欲求を抑えるのは簡単ではありません。テレビの料理番組で美味しそうな食べ物を観ることすら苦痛になります。

断食初日は痩せる意志が強いため、なんとかモチベーション維持ができます。ストレスフルな状態で迎えた2日目を、いかに乗り越えられるかが成功の分かれ道です。

断食ダイエット終了後は味覚が非常に敏感になっており、無味でも美味しく感じます。お粥の上澄みだけで作られた重湯ですら、一口目の感動は忘れられません……。

 

断食を通して、今までどれほど味付けが濃い物を食べていたのかが再発見できるため、生活習慣を見直すきっかけになります。

モチベーションの維持が大変!

断食ダイエットは、つねに意志を強く持ってモチベーションを保つことが重要です。

2日目には魔物が潜んでいます。最も意志が揺らぎやすい期間です。

その苦痛な2日目を乗り越えた3日目は、「翌日に何か口に入れられる!」という明るい未来の妄想を励みにすることができます。

 

自分ひとりで断食をすると、孤独感に苛まれ、ネガティブな思考になる傾向があります。モチベーション維持には、家族や友人、恋人など、誰かと一緒に断食ダイエットをするのも有効な手段です。

痩せやすい、でもリバウンドしやすい!

断食ダイエットが流行する理由の一つに、外見からも判断できるほど、面白いように体重が落ちることが挙げられます。

個人差はありますが、1日約1kgのペースで減量できます。友人から「痩せたね!」と声をかけられる機会も増えます。

 

一方で、元の体重にリバウンドしやすいデメリットもあります。実際に、1週間後には約2kg体重が戻ってしまいました。

食べられなかった期間の反動でダイエット前の生活よりも食欲が抑制しづらいため、断食ダイエット後の1か月間はとくに注意が必要です。

「断食は難しい」と感じた人におすすめのダイエット方法

断食以外のダイエット方法

実際に挑戦してみた断食ダイエットを紹介してきましたが、いかがでしたか?

「数日間何も食べないことがこんなにも大変だったなんて……」と断食ダイエットを断念される方もいらっしゃるかもしれません。

 

ただ、今すぐ食欲を抑えることは難しくても、一人ひとりに合った正しい食事制限方法で生活習慣を見直し、太らない身体づくりをサポートしてくれるサービスがあります。

FiNCダイエット家庭教師」というスマホアプリです。

FiNCダイエット家庭教師陣

FiNCダイエット家庭教師では、あなたの食生活・睡眠・運動の120項目をヒアリングし、民間・国家資格を持つダイエット専門家が運動と食事の面から徹底的にパーソナル指導を行います。

ハード系トレーニングやジムに通わずとも、スマートフォンさえあればダイエットプログラムをスタートできます。また、面倒な食事記録も必要ありません。

運動が苦手な方にもおすすめのFiNCダイエット家庭教師は、今なら無料カウンセリングが受けられます。

 

この機会に、無理をしないダイエット習慣をはじめてみませんか?

 

\\まずは1か月挑戦 !//

FiNC(フィンク)ダイエット家庭教師 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*